MENU

キッズデニムをリメイクしてミニトートに!材料0円でできる作り方

子供服、あまり気ないままサイズアップしちゃった…

こんな時、気に入っていた服をきれいなまま手放すのって、ちょっと心が痛いですよね。

今回はまだきれいな状態の子供のデニムを小さなトートバッグにリメイクしちゃいます。

お散歩やランチタイムなどにぴったりサイズで、目を引くデザインも◎!

測ったり製図したり、難しいテクニックはありませんので、もしも捨てる予定のズボンがあれば気負わずチャレンジしてみてくださいね。

目次

リメイクデニムトートの材料

名称入手先参考価格
キッズデニム古着
キッズシャツ古着

主役になるのがサイズアウトした子供のズボンです。

そして脇役になるのが、子供のサイズアウトしたシャツです。

メイドちゃん

地球に優しい材料です♪

ハンドちゃん

お財布にもやさしいよ♪

回数はさほど着ていないけどお気に入りだった、といったデニムでぜひ作ってみてくださいね。

表地にするデニム

デニムは太ももまでがきれいな状態のものを選んでください。

デニムでなくても作れますが、ストレッチが効いてよく伸びるものは縫いにくいかもしれません。

大人用でも丈夫に縫えば作れますが、初心者さんには強度が低くても心配のいらないミニサイズがおすすめ。

ハンドちゃん

今回は110サイズのデニムで作りました。

ベルト部分がニット地になっていて、縫うときにごわごわしない物を選びました。

裏地にするシャツ

シャツは以下の条件がそろったものを探してください。

  • 身頃がきれいな状態
  • 裾がフレアになっていないまっすぐの身頃のもの
  • デニムと同じくらいの大きさ

デニムと同じくらいの大きさが用意できればベターなのですが、なければ少し大きくてもOKです。

好きなハギレを使っても作れます。

リメイクデニムトート作り方手順

難易度初心者〜中級者
材料費
制作時間1時間~3時間
作る方法ミシン
ハンドちゃん

難易度は素材になるズボンによって違うかも。

メイドちゃん

運の要素もある的なやつです。

硬い生地を使っているものやニット地など柔らかすぎるもの、金具やベルトホルダーなどがたくさんついたものは難易度が上がります。

下準備~裁断します

STEP
太もも部分をカットします

デニムを太ももあたりでカットします。

お好みの深さ+マチの半分の長さ+縫い代1㎝

の長さで切ってください。

STEP
股をほどきます

股下と股上の途中までをほどきます。

縫い代部分も使いたいので、リッパーなどでミシン糸をほどいて開いてください。

メイドちゃん

糸とホコリがすごいです…

ハンドちゃん

コロコロを用意して作業してね。

STEP
持ち手部分を裁断します

太ももより下の部分で持ち手を作ります。

6㎝×40㎝を2本裁断してください。

もしも40㎝が足りない場合は途中でつぎはぎしたり、市販の面テープなどで持ち手を作ることもできます。

メイドちゃん

裾のステッチを丁寧にほどくと3㎝くらい長くなるです。

ハンドちゃん

40㎝は持ち手の長さだから、好きな長さに調整してもOK!

STEP
裏地を裁断します

裁断したデニムを裾の部分に合わせて、1㎝短くなるように裁断します。

必用な人は袖など余った部分でポケット用のパーツを裁断します。

ハンドちゃん

ポケットは四角く切ればOK!
袖口の縫ってある部分をポケット口に使うと楽ちんだよ♪

ズボンの幅よりシャツの幅が10㎝以上長い場合は、両脇を一度切って中表に縫い直し縮めます。

STEP
デニムのウエスト部分のゴムを抜きます

ウエスト部分にゴムが通してある場合は、通し口からゴムを引っ張り出してハサミで切り、引き出して外します。

ハンドちゃん

内側で1周縫ってある場合や、ゴム通しがない場合はあきらめよう。

作り方工程~縫います

STEP
持ち手を作ります

6㎝×40㎝に裁断した生地を、中表に半分の幅に折って、ループ返しで表に返してステッチします。

ハンドちゃん

細長い紐の縫い方はこちらの記事で詳しく説明しています。

STEP
股の部分を処理します

デニムが幅広の場合は、縫い代を広げた状態で重ねるとスカートの形になります。

重ねた状態で仮止めしてミシンで縫い、裏側の不要な部分をざっくりカットします。

【重ねると尻すぼみになってしまう場合】

余っている生地を裏から足してスカートの形にします。

重ねて三角に穴が開いた部分に、一回り大きく切った生地を裏からあてて仮止めし、

この状態でミシンをかけます。

裏側の余分な部分をカットしたら、

後ろと前をきれいに重ねた状態で底をまっすぐカットします。

STEP
底を縫います

裏返して底部分を中表に重ねて縫います。

お好みでマチをつけます。

底の縫い目と脇線を重ねて三角になるように縫います。

マチはお好みの長さで縫ってください。

裏地も同様に、底とマチを縫います。

ハンドちゃん

ポケットを付ける人は底を縫う前の筒の時に縫ってね。

マチの長さは表裏・左右で同じにして下さい。

STEP
表地と裏地をくっつけて角を合わせます

表側(デニム)を表に返し、裏地(シャツ)を中に入れます。

表地と裏地の角を合わせて待ち針で留めます。

入れ口の中心からそれぞれ6㎝のところに持ち手を合わせて、デニムの裏側に待ち針で留めます。

ハンドちゃん

深さはベルトのちょっと下くらいに留めてね。

STEP
入れ口を縫い合わせます

口部分の脇と中心を合わせて待ち針で留め、待ち針と待ち針の間を留めていきます。

裏地が少し余ったら全体を少しずつたるませて縫えばOK!

数センチ余ってたるませるのが難しい場合は、中心付近で左右対称にタックを作って留めます。

ハンドちゃん

ものすごく適当で大丈夫!

この状態で裏地の端ギリギリになるように1周ぐるっとステッチします。

さらに持ち手の端にもステッチをかけて、強度アップしておきます。

メイドちゃん

完成したら忘れずに待ち針を抜くです!

リメイクデニムトート使ってみました

デニムをトートバッグにする利点は、ポケットがたくさんあること。

バッグ自体が小ぶりですが、小物がたくさん入ります。

ポケットを自力でたくさんつけるのは大変ですが、元からあるポケットを利用すれば簡単♪

子供のズボンなのでポケット自体も小さいですが、うまくポケットを利用して小物を整理しながら使ってみてくださいね。

【リメイクデニムトート】まとめ

デニムをリメイクしてトートバッグにするには

  1. 太ももの部分までカット
  2. 股の真ん中までミシン糸をほどく
  3. スカート状になるように縫い合わせる
  4. 底になる部分を縫う
  5. 裏地、持ち手を合わせて口を縫う

の手順で作れます。

古着によって形や大きさが違うので説明通りにいかないかもしれませんが、臨機応変にオンリーワンを作ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる