MENU

いらないシャツはリメイクして付け裾に!簡単すぎるのに着回し力抜群

シャツって袖口や襟がぼろぼろになったり、襟の裏側や脇にシミができて撮れなくなったり、気に入っているのにおジャンになること、よくありますよね。

捨てるのは気が引けるなら、プチブームが来ている「付け裾」にリメイクしてみませんか?

リメイクなんてしたことない。

難しそうで自信がない。

そんな人も作れる簡単なレシピを考えました!

簡単に作れて着回しもガンガンできちゃう付け裾はすごくおすすめアイテムなので、いらないシャツを探して読んでくださいね。

目次

【シャツリメイク付け裾】材料

名称入手先参考価格
シャツ家にあったもの
平ゴム
(2㎝幅)
100均110円

今回はいらないシャツをスカートのような形にして「付け裾」にリメイクします。

メイドちゃん

材料費がお安いです…

ハンドちゃん

シミが落ちなくなったり、穴が開いちゃったり、いらないシャツってあるよね。

【シャツリメイク付け裾】作り方手順

難易度初心者
材料費110円〜
制作時間30分
作る方法ミシン
ハンドちゃん

ここにテキストを入力

メイドちゃん

ここにテキストを入力

下準備~裁断します

STEP
好きなところで裁断します
わきの下を裁断

欲しい長さに4㎝をプラスした長さのところで裁断します。

マックスはわきの下までですが、裁断前にシミや傷など状態の確認を。

丈と体形について

ウエストからヒップまでは、個人差がありますがおおよそ20㎝といわれています。

ヒップを隠すなら30㎝程度、すっぽり覆うくらいなら35㎝~40㎝程度の長さがおすすめです。

実際に合わせたいトップスを着て、どのくらいの丈があれば着こなしやすくなるかメジャーを当てて図っておくと丈が決めやすくなります。

ハンドちゃん

もしも長さが足りないときは、ウエスト部分にほかの布を足してね。

STEP
ポケットがあればほどきます
ポケットほどく

ワイシャツにつきものなのがポケットですが、今回はポケットが邪魔になるので、裁断後にポケットが残っている場合はリッパーでほどいておいてください。

STEP
前立ての重なっている部分をカットします

ボタンが付いている部分「前立て」ですが、ボタンを開閉することはないうえに生地が重なって縫いにくいので重なりを裁断しておきます。

断面側から見ると、重なった裏側の生地が不要な部分です。

前立て仮止め

まずは裁断した側から10㎝くらいまでにあるボタンをはずします。

ボタンをはずしてもずれないように仮止めします。

ハンドちゃん

待ち針だけだと自身がない人は、ミシンで縫い留めておいてね。

裏返して生地が重なった部分を端から5㎝カットします。

STEP
3つ折りにしてアイロンがけします
3つ折り

手順1で裁断した部分をぐるっと1周3つ折りにしてアイロンで癖をつけます。

端から1.5㎝のところと、さらに2.5㎝のところで折り、2㎝幅の平ゴムを通すためのゴム通しにします。

作り方工程~縫います

STEP
ゴム通し口を縫います

アイロンで癖漬けしたところをミシンで縫います。

ハンドちゃん

できるだけ端っこを狙って縫ってね。

前中心の前立ての手前から返し縫で縫い始めて、返し口3㎝を縫い残して返し縫で縫い終わります。

返し口縫い残す
ハンドちゃん

生地が重なっている部分を避けて返し口を縫い残してね。

STEP
ゴムを通します
ゴムを通して縫いつなぐ

ウエストサイズに切ったゴムをゴム通し口に通します。

1週通し終えたら重ねて縫い合わせます。

メイドちゃん

縫い合わせたとこは見えないから、縫い目が粗くてOKです!

ハンドちゃん

通すときはねじれないように縫ってね。

ゴムの長さについて

ゴムは欲しい長さをそのまま切るのではなく、欲しい長さの85%~90%程度を使用します。

今回は重ねて縫い合わせる分を1~2㎝を足した長さを切ります。

メイドちゃん

85~90%って、結局何%がいいかわからないです~。

ハンドちゃん

好みによるから自分のおなかに巻いてみるのが一番!

【シャツリメイク付け裾】使い方

付け裾の使いかたは簡単!

スカートみたいにはくだけでOK!

例えばスカートには似合う短い丈のトップスも、デニムだとバランスが…

かがむと下着や背中が見えてしまうかも、と思うとちょっと合わせにくいですよね。

そんな時に付け裾を使うと、お尻が隠れるしアンバランスな感じもなくなりました!

ハンドちゃん

太ももがパンパンに見えちゃうズボンなら、もうちょっと長い方がイイよね。

メイドちゃん

フレアがきいたカットソーで作ってもかわいいかも…です!

【シャツリメイク付け裾】まとめ

傷んだシャツは捨てる前にぜひ付け裾にリメイクしてみましょう。

好きな長さで切り、三つ折りミシンでゴム通し口を作ったら、ゴムを通して完成します。

いろんな色や長さ、柄で作ってもかわいいですよね。

お気に入りに手を加えて、ぜひもっとお気に入りに変身させてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントする

目次