MENU

腕時計のベルトは手作りできる!ブレスレット風にリメイクしました

間に合わせでダイソーで買ってきた腕時計、ベルトループの部分がちぎれてしまいました。

安かったし仕方ないかと思ったのですが、文字盤の部分は壊れていないし、案外大人でも使いやすいデザインなんですよね。

いざ捨てるとなるともったいない…

じゃあダメもとでベルトを自分で作ってみよう!というのが今回のハンドメイドのきっかけです。

ベルトは革でできているけど革は扱いが難しそうなので、今回はコットンパールを使って落ち着きのある上品なデザインにしてみました。

金具を使わないので「通す」「結ぶ」だけ!

とても簡単に作れますよ。

目次

腕時計ベルトの材料

名称入手先参考価格
コットンパール10㎜手芸店400円くらい
コットンパール8㎜手芸店400円くらい
コットンパール6㎜手芸店400円くらい
ビーズ(丸大)手芸店200円くらい
オペロンゴム
(伸びるテグス)
手芸店200円くらい
ビーズ通し針手芸店500円くらい

文字盤の部分はダイソーの500円の時計を使用しています。

ベルトを通す部分に直接テグスを通すので、テグスが通せる隙間があるものを選んでください。

ハンドちゃん

今回は素材感を大切にしたかったので大好きな貴和製作所で揃えました。

メイドちゃん

材料の質感、大事です。

貴和製作所HP

コットンパールについて

コットンパールは綿でできていて穴が自由に広げられる、という特徴があり今回選びました。

太めのテグスを何重にも通すので穴が広いものが向いています。

あと単純にコットンパールが好みだったのも選んだ理由の一つです。

  • すごく軽くて付け心地がいい
  • くすんだ色味でアンティーク感が出る
  • 質感的に品がある

形やサイズ、質感のバリエーションが豊富なので、自分好みのものを探してみてくださいね。

Amazonで探してみるならこちらから

オペロンゴムについて

ビーズを通すためのテグスにはいろんなものがあるのですが、今回は金具を使わずに着脱するため伸びるテグスを選びました。

オペロンゴムは細いゴムが束上になっていて、劣化してもいきなり切れることがありません。

ただし束状であるためビーズを通すのがすごく難しく、専用の針が必要となります。

Amazonで針とセットになっているものを選べば安く購入することも可能です。

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる