MENU

縫わない!簡単!便利フェイクレザーで作るハート型コードホルダー

スマホの充電が部屋に常にびろーん。

ズボラが故に3mのコードを買ったら、まとめるのが面倒になってしまいました。

そのうち使うから良くない?と思ってたんですが、雑に扱うとほかのコードと絡まって断線しかねません。

邪魔だから片付けたい気持ちはあるものの面倒なアクションは習慣化しないですよね。

といういきさつで今回はあっという間にできるコードホルダーを作りました。

記事にするか迷うレベルの簡単さなんですけど、使ってみたらかなり便利だったのでぜひおひとついかがでしょう。

目次

今回作るものと材料の紹介

材料入手場所参考価格
フェイクレザー100均110円
貼れる布ダイソー110円
樹脂ホック手芸屋さん500円程度
布用両面テープ100均110円

簡単すぎるので、色や形をアレンジして大量生産もできちゃいますよ。

ハンドちゃん

今回はフェイクレザーで作ったけど、ある程度厚みのある布なら何でもOK!

樹脂ホックは専用の取り付ける機械が必要なものと手で付けられるものがあります。

メイドちゃん

手で付けられる方がいいです!
間違わないように注意です。

フェイクレザーと貼れる布でできるコードホルダー〜作り方〜

難易度すごく簡単
材料費800円程度
(複数作れます)
製作時間15分
作る方法工作

まずは型紙の作り方から解説します。

型紙を起こします

まずは型紙作りからスタートです。

ハンドちゃん

いらない紙とボトルキャップを用意してね。
定規と鉛筆をつかうよ。

STEP
5㎝角の正方形を書きます

紙に5㎝角の正方形を書き、対角線を引きます。

STEP
ボトルキャップで曲線を引きます

正方形の辺2か所を通るように、ボトルキャップを使って曲線を引きます。

ハンドちゃん

対角線で折って切るから半分でダイジョーブ♪

STEP
曲線を切ります

ステップ2で引いた曲線部分を対角線まで切ります。

STEP
全体を切ります

対角線で折り、ステップ3で切った部分をなぞるように曲線までを切ります。

残りの直線部分を折って、直線部分をつなげた状態でもう一度曲線部分を切ります。

メイドちゃん

雲みたいな形です。

裁断して貼り合わせます

型紙ができたら裁断します。

ハンドちゃん

ざっくり説明すると
・大きめに切る
・貼り合わせる
・ちゃんと切る
って感じで作るよ。

STEP
転写します

型紙をフェイクレザーと貼れる布の裏面に転写します。

ハンドちゃん

鉛筆が書きやすいよ。

メイドちゃん

貼れる布は剥離紙に書くです。

STEP
荒裁ちします

ステップ1で転写した線の外側5㎜くらいめがけて切ります。

きれいに切らなくてもざっとでOK!

ハサミの話

裁ちばさみで紙や硬いものを切ると刃が傷む原因になってしまいます。

メイドちゃん

貼れる布、紙と布が一緒になってて何で切ったらいいのかわからないです…

そこでおすすめしたいのが切れ味がいい次世代型の工作用のハサミです。

・裏に剥離紙が付いた布
・フェルト
・レザー

など、硬いものを遠慮なく使いたいときに工作用はさみを使っています。

ハンドちゃん

おすすめすぎるおすすめはこれ!

おすすめポイント
  • 先端まで切れ味がイイ!
  • 刃が華奢なので視界の邪魔をしない!
  • 小回りが利くので細かい作業に最適!

裁断ハサミしか持っていない、という人はぜひものつくりのおともにご検討を!

STEP
貼り合わせます

貼れる布の剥離紙をはがしてフェイクレザーと貼れる布を貼り合わせます。

STEP
線の通りに切ります

貼れる布側にもう一度型紙を当てて、消えるチャコで型を転写します。

ハンドちゃん

線を引くときにおすすめなのが、フリクション蛍光ペン!
もうこれ30本は消費してる。

生地と反対色で線を引けばすごく見やすいですし、幼児が済んだらアイロンかドライヤーで簡単に消すことがで切るため、とっても便利です。

転写出来たら線の通りにカットします。

STEP
樹脂ホックをつけて完成です

半分に折った状態でちょうどいい位置に樹脂ホックをつけるための下穴をあけます。

ハンドちゃん

2枚とも穴をあけてね。

あとは樹脂ホックの説明書に従い、オスとメスを裏表間違わないように取り付けて完成です。

フェイクレザーと貼れる布でできるコードホルダー〜使い方〜

使い方を解説するほどではないかもしれませんが、以下の通りです。

  1. コードをまとめる
  2. コードホルダーでまとめたコードの束を挟んで樹脂ホックを留める
  3. コードを使っている時は、コードにくっつけておくと無くさないので便利です。

このコードホルダーは幅があるのでコードをしっかりまとめられます。

3mの結構かさばる充電コードをしっかりまとめることができました。

ハンドちゃん

最初の製図の時の正方形をもう少し大きくすると、太いコードや長いコードもまとめられるよ!

フェイクレザーと貼れる布でできるコードホルダー〜まとめ〜

今回はスマホの充電コードをまとめるために作りました。

このレシピでは3mの充電コードをまとめられるサイズにしました。

色だけでなく大きさも自由自在に変更可能なので、もしも延長コードのような太いコードや、もっと長くてかさばるコードをまとめたいなら、型紙の一回り大きいサイズ裁断すれば、簡単にサイズUPも可能です。

簡単に作れるので、自分好みにどんどんカスタマイズして作ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる