MENU

【スウェードで作る大ぶりお花ピアス】ハサミで切って巻くだけで完成!

お花ピアス

ピアスを作るのが好きなのですが、作ったピアスの重さで耳が伸びるのがすごく嫌なんです。

そんな私が素材としてよく使っているのが布や革です。

今回はスウェードを使って、縫わずに簡単に作れるお花をモチーフにしたピアスを作ります。

パーツが小さい以外は簡単な工程ですので、ぜひ一緒に作ってみましょう。

目次

今回作るお花ピアスの材料

名称入手先参考価格
スウェードはぎれ手芸店300円程度
ピアス金具手芸店100円程度
多用途の接着剤ホームセンター300円程度
ビーズ手芸店100円前後
ハンドちゃん

今回のおすすめ接着剤はこれ!

メイドちゃん

透明で金属と革がくっつくやつがイイです。
速乾だと楽ちんです。

ビーズはお花の中心に貼ります。

お好みのものを好きな数ご用意ください。

スウェードハギレ

今回のお花は細かい切込みをたくさん、ほつれにくくて強い生地が欲しくてスウェードを選びました。

サイズ的に小さくて十分足りるので、こちらの商品がおすすめです。


メイドちゃん

39色展開…
欲しいの1色に決められないです…

スウェードが入手できない場合はフェルトでも代用可能です。

ピアス金具

ピアス金具は、お皿に「かん」といわれる輪っかが付いているものをご用意ください。


お皿に完成したお花を貼り、かんにタッセルをぶら下げるためです。

私は手芸店で買った手持ちのパーツで作ったので、「透かしカンつきパーツ」と「ピアスパーツ」を組み合わせえて使っています。

ハンドちゃん

作り方手順の写真と違うけど、お皿とかんがついてればOK!

【大振りお花ピアス】作り方手順

難易度初心者
材料費700円程度
制作時間30分
作る方法手作業
ハンドちゃん
メイドちゃん

レッツトライです♪

STEP
スウェードを裁断します

スウェードを4㎝×15㎝に裁断します。

ピアスなので2個作るために2枚必要です。

STEP
切込みを入れます

半分の幅に折って輪になっている方から等間隔に切込みを入れます。

切込み入れる

切込みは1.5㎝くらいまで入れて5㎜くらい残します。

開いてこないように、角に軽く接着剤で軽くくっつけてください

ハンドちゃん

接着材はいらないカードに出すと使いやすいよ。

メイドちゃん

切れないように気を付けるです。

この切込みの幅が花びらになります。

STEP
巻いてお花の形にします

端っこから巻きます。

巻く

ところどころ接着剤をつけながら巻きます。

形を整えて巻く

二つとも同じ力加減で巻いて、巻き終わりを接着してください。

ハンドちゃん

お花が大きくなりすぎるようなら短く切ってね

STEP
裏側にピアス金具を貼ります。
ピアス金具を貼る

裏側にピアス金具を貼りつけます。

STEP
花弁をつけます
花弁を貼る

お花の中心を探してビーズを接着します。

複数付けたいときはあらかじめテグスでつなげておくと貼りやすいです。

メイドちゃん

完成です!

タッセルと組み合わせてみました

タッセルパーツ付ける

タッセルをつけてみました!

お花だけだと寂しいけど、タッセルを足すとバランスが良くなりました。

メイドちゃん

タッセルは刺繍糸で作れるです。

まとめ~切込みを入れて巻くだけでお花ができる

細長く切って半分に折った状態で切込みを入れ、端から巻くとお花になります。

切込みの幅によって表情が変わりますし、垂直ではなく斜めに切込みを入れることで印象を変えることもできます。

巻くときの力加減でサイズ感を調整することもできるので、ぜひお好みのお花を作ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントする

目次
閉じる