MENU

【ふんどしパンツの簡単な作り方】鼠径部ゆるふわで快適生活を!

ふんどしパンツ

下着は1番着心地にこだわりたいアイテムなのに、なかなか自分サイズに出会えないんですよね。

一般的なものはゴムがしっかり入っているものがほとんど。

そんな中ふんどしパンツは密かに注目を浴びている、ってご存知でしたか?

ほんのちょっとテクニックが必要ですが、試作を重ねて自分サイズが作れるようになるととっても便利!

できるだけ簡単な作り方レシピを考えてみました。

試しに1枚作ってみませんか?

目次

今回作るふんどしパンツの材料

名称入手先参考価格
肌触りのいい生地(50㎝×70㎝)手芸店など
クラッチ部分の生地(10㎝×20㎝)手芸店など
平ゴム(1m)100均100円
装飾用レースなど手芸店など
新聞紙などの大きな紙(型紙用)

生地について

主な材料は肌触りのいい生地です。

本体部分はもちろんですが、クラッチと呼ばれる股の中心の当て布は特に肌触りのいいコットンなどを選んで下さい。

メイドちゃん

せっかくだから肌触りのいい生地を選びたいです。

ハンドちゃん

シルクが一番だけど、コットンが安くて色柄も豊富でいいんじゃない?

特別高価でなくても肌触りのいい生地はあるので、まずは練習がてら作り慣れてから材料を奮発するのがおすすめです。

通販で生地を買うならおすすめのお店はこちら

生地通販のマルイシ

  • 肌触りのいい生地が豊富
  • ギンガムやストライプなど、ベーシックな柄が好きな人におすすめ
  • 赤ちゃん用の柔らかいニットも豊富で肌の弱い人におすすめ

ウエダショウテン

  • ちょっと個性的な柄がそろう
  • 和柄や猫柄など一味違う柄を探したい人におすすめ

ゴムについて

ゴムの幅は広いほど締め付け感が出ます。

今回は0.4㎝と0.7㎝で試してみましたが、私は0.7㎝が履きやすかったです。

ハンドちゃん

広い幅の方がミシンもかけやすいよ。

メイドちゃん

ということは、最初は幅広でつくってみるのがいいです。

ふんどしパンツの作り方

難易度中級者
材料費
制作時間1時間程度
作る方法ミシン

ちょっとテクニックが必要なのでミシンを使い慣れている人にオススメです。

材料費は用意する生地の価格によって変わります。

手順を覚えて慣れれば1時間程度で作れます。

下準備〜型紙を起こして裁断します

まずは型紙を起こします。

新聞紙などの大きな紙をご用意ください。

手に入らない時は、チラシやコピー用紙などをセロハンテープで繋いで使ってもOK!

ハンドちゃん

私はAmazonの梱包に入ってる紙をよく使う。

STEP
型紙を起こします

図のように線を引いて型紙を起こします。

これは私サイズで、一般的なMサイズくらいの大きさで股上深めです。

手持ちの下着で1番しっくりくるものを測りながら、自分サイズに型紙を調整してください。

ハンドちゃん

1枚仕立てのほうが布をたくさん使うけど履きやすいよ

STEP
裁断します
裁断

本体とクラッチと呼ばれる真ん中の当て布をそれぞれ1枚ずつ裁断します。

全て縫い代1㎝を足して裁断してください。

型紙についている縦半分、横半分の折り目のところに合印をつけておいてください。

クラッチ部分の真ん中にも同じく合印をつけます。

ハンドちゃん

本体とクラッチは同じ生地でも大丈夫!

STEP
ゴムを裁断します

ゴムは骨盤周りを測って以下のように裁断してください。

骨盤周り×0.7+1㎝
例》骨盤周りが80㎝なら、80×0.7+1㎝=57㎝

STEP
クラッチにアロンがけします

クラッチの縫い代部分を裏側に向かって上下のみ折り返してアイロンで癖付けします。

作り方工程〜ミシンで縫います

少し難しいですが落ち着いて一つずつこなしましょう。

ミシン目をほんの少し荒くすると縫い目がキレイに見えますよ。

STEP
クラッチ部分を縫います
クラッチを縫う

本体の裏にクラッチ部分を縫い付けます。

本体とクラッチの合印を合わせて仮留めし、下準備の工程でアイロン掛けした上下の部分のみステッチをかけます。

両サイドは後で縫うのでこのままでOK。

STEP
脇を縫います
脇を縫う

脇部分を縫います。

中表に縫って縫い代をジグザグでもいいのですが、肌触りをよくするために袋縫いにします。

【袋縫いのやり方】
①中表ではなく表が外に来るようにあわせて端から3㎜のところを縫う
 必要なら縫い代を切り揃えて中表に合わせる
②端から7ミリのところをステッチ
③表に返して縫い代を後ろ側に倒し、縫い目から5ミリのところをステッチ
※アイロンで押さえて省略OK

STEP
またぐりを三つ折りにして縫います

脇が縫い終わったところで太ももが通る部分が輪になりました。

この輪の部分を3つ折りにしてぐるっと1周縫います。

慣れれば左手で三つ折りにしながら右手で押さえてミシンがけがキレイで早いですが、やりにくければアイロンで癖付けしたり、しつけ糸で仮留めしたり、やりやすい方法でステッチしてください。

STEP
ゴムを縫います

平ゴムを1センチ重ねて輪っかにし、ミシンで重なった部分を縫い留めます。

4等分になるように印をつけてください。

ゴムを輪にする

縦側の合印と脇線にゴムの合印を合わせます。

ゴムを引っ張って縫う

ゴムを生地と同じ長さになるように伸ばして重ね、ゴムの真ん中と生地の端から1㎝のところを合わせて縫い留めます。

ハンドちゃん

自信がない人はクリップの量を増やしてね。

ミシンにセットして針を生地に落とした状態で、ゴムを引っ張って生地と重ねます。

この状態でゴムの上からステッチをかけ、さらに端にジグザグミシンをかけます。

STEP
レースやリボンで装飾を

お好みでレースやリボンを縫い付けて完成です。

つけておいた方が後前がわかりやすいです。

メイドちゃん

かわいいからたくさんつけたいです♡

ハンドちゃん

ごわごわしちゃうからほどほどにね。

ふんどしパンツを履いてみました

着画、はさすがに公開できないので、うちで1番可愛いモデルさんにはいてもらいました。

ゴム部分がウエストのみなので鼠径部の締め付け間がありません。

ゴムで擦れて痒くなる、といったお悩みも解消できてしまいます。

メイドちゃん

ゴムの刺激が黒ずみの原因になることもあるです。

ハンドちゃん

黒ずみやお手入れで悩んでいるならこの記事も読んでみて。

【デリケートゾーン】プチプラでOK!洗うのと保湿は専用品を!!

まとめ~自分サイズのふんどしパンツでゆるふわ生活を

普段の下着に違和感や痒みを感じる人は、下着があっていない可能性があります。

放っておくと黒ずみや冷えの原因になりかねません。

ゴムを引っ張って縫い付けたり、3つ折りにしてステッチをかけたり、ちょっとテクニックが必要なレシピですができるようになると案外簡単です。

履き心地や締め付け具合の好みは人それぞれ。

1枚目からピッタリフィットを目指すのではなく、何枚か作りながら調整をして1番しっくりくるサイズを目指してください。

よかったらシェアしてね!

コメントする

目次
閉じる